ホームページ ダウンロード 登録 説明書 FAQ 特集 リンク 用紙
Web給与部長
経革広場
【ライセンス購入】 ログイン
ログインについて
プライバシー  |   お問い合わせ ⇒ (ここをクリック)  
特集過去の特集記事はこちらから
「平成28年 (2016年) 1月 源泉徴収税額の改正」については こちらをご覧ください。

1.年調をする前の準備
2.最新プログラム
3.年調データの入力
 
4.入力例
5.計算確認・印刷
6.過不足税額
7.年末更新
8.参考リンク・用紙販売
年末調整のしかた
平成27年 (2015年 12月) 版

(1) 年調をする前の準備

国税庁が平成27年分 年末調整がよくわかるページ(⇒国税庁) を公開しています。ご覧ください。

このページの案内と合わせて説明書(Web給与部長 処理操作説明)もご参照ください。

   年末調整の留意事項等

c1 c2
復興特別所得税の計算
・平成23年12月2日に東日本大震災からの復興のための施策を実施するために必要な財源の確保に関する特別措置法(平成23年法律第117号)が公布されました。
 これにより、所得税の源泉徴収義務者は、平成25 年1月1日から平成49年12月31日までの間に生ずる所得について源泉所得税を徴収する際、復興特別所得税を併せて徴収し、源泉所得税の法定納期限までに、その復興特別所得税を源泉所得税と併せて国に納付しなければならないこととされました。
⑴ 源泉徴収すべき復興特別所得税の額と納付のしかた
 ・源泉徴収すべき復興特別所得税の額は、源泉徴収すべき所得税の額の2.1%相当額とされており、復興特別所得税は、所得税の源泉徴収の際に併せて源泉徴収することとされています。
 ・源泉徴収した所得税及び復興特別所得税は、1枚の所得税徴収高計算書(納付書)で納付してください。
⑵ 給与等に係る所得税及び復興特別所得税の源泉徴収
 ・毎月の給与や賞与については、源泉徴収税額表に基づき、所得税及び復興特別所得税の合計額を徴収し、納付します。
⑶ 年末調整
 ・毎月の給与や賞与から源泉徴収する税額は、所得税及び復興特別所得税の合計額となっていますので、 年末調整も所得税及び復興特別所得税の合計額で行います。
 ※ 年調所得税額に102.1%を乗じて、復興特別所得税を含む年調年税額を算出します。
   (100円未満の端数は、切り捨てます。)
PDF 年末調整の留意事項等をご覧ください。
年末調整のしかた (⇒国税庁:PDF) をご覧ください。
源泉徴収票(法定調書)の作成の手引 (⇒国税庁:PDF) をご覧ください。
c3 c4


   以下のデータがそろっているか確認してください。

c1 c2
・12月までの給与データの入力と計算
 年末調整の還付金を12月の給与と同時に支払いをされる場合でも計算処理まで
 済ませてください。


・12月までの賞与データの入力と計算
 年末調整の還付金を賞与と同時に支払いをされる場合でも計算処理まで済ませて
 ください。


・中途入社でされた社員の方の入社前のデータ
 中途入社の社員がいる場合はメニューの[マスター]-[個人別登録変更]-[マスターA]で入力をしてください。
 くわしくは中途入社の源泉徴収票の入力をご参照ください。(去年と同じ)


◎「退職者」については、以下をご覧ください。
   html 年の途中で退職した時(html)
   word 年の途中で退職した時(word)
   pdf 年の途中で退職した時(pdf)

c3 c4


   年末調整の前に以下の資料を用意してください。

c1 c2
pdf 平成27年分給与所得者の扶養控除等(異動)申告書
pdf 《記載例》
平成27年分給与所得者の扶養控除等申告書の記載例
   
《総務省ホームページへのリンク》
個人住民税の「給与所得者の扶養親族申告書」等について

 
pdf 平成27年分給与所得者の保険料控除申告書
兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書
pdf 《記載例》
平成27年分給与所得者の保険料控除申告書
兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書の記載例


住宅借入金等特別控除


adobe PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、AdobeReaderが必要です。
AdobeReaderをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
c3 c4



 以上のチェックが終わりましたら下の次へボタンを押して
 【2:最新プログラム】へお進みください。


next